男性型脱毛症において『成長期』が短くなる原因

 

男性型脱毛症は、男性ホルモン「テステステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」の作用によりDHT「ジヒドロテステステロン」に変化します。

 

 

 

 

この悪玉男性ホルモンのDHTが毛根を攻撃して、毛根における細胞分裂(髪の成長)を妨げることで、ヘアーサイクルにおける『成長期』が短くなり、発毛はしても、すぐに『退行期』へ移行することで、髪が太く成長する前に抜け落ちるのです。

 

 

 

男性型脱毛症を防ぐ育毛剤

男性型脱毛症に効果のある育毛剤は、多くあります。
その多くの育毛剤の作用は、還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑制するものです。

 

また、還元酵素「5αリダクターゼ」は、皮脂に含まれていることから、毎日のシャンプーは皮脂をコントロールできるものを使用することをオススメします。
お薦めシャンプーは、U-MAシャンプーですが、その理由は⇒コチラのページ

 

還元酵素「5αリダクターゼ」の働きが弱まれば、男性ホルモン「テステステロン」に作用することもないので、悪玉男性ホルモノDHTが生成されない。

 

DHTが作られなければ、毛根の細胞分裂も妨害されないので、正常なヘアーサイクルが保たれる。という理屈です